スーパーカーは必要ない

スーパーカー
というジャンルの車が有るのを知らない人は居るだろうか?

世の中は車離れという奴が進んでいるらしいから、知らない人のために解説してみると・・・

スーパーカーとは、こんな車。

最高時速が300キロ以上出る
排気量の大きなエンジン
車幅2メーターくらい
車高1メーターくらいの、
価格は概ね数千万円から数億円が当たり前な
とんでもなく平べったい特殊な車の事を指す。

代表例はこんな車。

上のランボルギーニ・アヴェンタドールは、
全長5.0メーター全幅2メーター車高1メーターで
6.5リッターのV型12気筒エンジンを搭載し
最高時速は330キロ以上、
静止状態から時速100キロまで、
わずか3秒で到達する、という
とんでもない性能と巨体を持った自動車。
そして車両本体は4000万円を優に超える。

つまり、
軽自動車10台分の力を持つエンジンを積み、
高速道路の制限速度をたった数秒で超え
さらに制限速度の三倍で走ることが出来、
コインパーキングや立体駐車場にも入れない、
という、プリウスと重量は100キロほどしか変わらないのに
その14台分以上の価格で販売される特殊な車だ。

その代わり、他では得られない独特のデザインと
高級感溢れる内装、独特のサウンド、乗り心地など
魅力は数え切れない程有る訳で、
だからこそ、多くの車好きのハートを捕らえて放さない。

しかし、車に興味の無い人にとってみれば

日本の道でそんなの必要ないよ。
制限速度は最大で60キロなんだから。

そもそも、そんな大きな車どこに置くの?
買い物に行ったときに停める場所も無いじゃん。

家やマンションが買えるわ!

という、至極まっとうなツッコミどころ満載な車が
スーパーカーという奴かも知れない。

お金が腐るほど有る大富豪が主な顧客だというのも納得できる、
庶民感覚とは全くかけ離れた存在、これがスーパーカーという奴だろう。

 乗ってみないと分からない

しかし、一度でもスーパーカーという奴に乗ってみると
その印象はがらっと変わってしまうかも知れない。

なぜなら、そこには、価格相応の特別な世界が有るから、だ。

実際にランボルギーニ・アヴェンタドールを運転してみた感想としては

60キロ以下でも十分面白い!

市街地をのんびり流しているだけでも
エンジンや車体から伝わる獰猛なDNAを感じ
どんどんアドレナリンが湧いてくる。

高速道路でも、
車高が低く着座位置も低いため、通常の乗用車に比べて速度感が高く、
制限速度内での走行でも、十分な迫力を得ることが出来る。

また、車幅が広い上に視界が悪いので
交差点や合流などではものすごく気を遣う為、
結果として安全運転になる。

道路沿いの店舗に入る際など、
歩道を乗り上げて横切る時などにも
車高が低いため、底を打ってしまわないか?と気になる為、
一旦止まってソロリと上がるので
より安全、慎重になり
自転車や歩行者と出会い頭でぶつかるリスクが減る。

有り余るほどの馬力があるのと、その力を制御するための制動力、つまり強力なブレーキも持ち合わせているため、
交差点などで、
フイに横から飛び出してくる車を追い越してやり過ごすことが出来るし(ケースによっては停止するよりも走り抜ける方が危機を脱しやすい事も有る。)

高速道路でも同様、急な落下物や急な割り込みなどの危険を察知しても、素早く制動したり走り抜けたりすることが出来る。

直線が早いだけの車なら国産車にも沢山有るが、曲がりくねった道や高速のカーブなどでの安定感は、非常に高く、これはむしろ安全に大きく寄与する部分だ。思い通りに曲がらない車ほど怖いものは無い。

内装に至っても、ふんだんに高級素材が使われており、雰囲気を盛り上げてくれる。
エンジンの音や振動も、決して無駄に伝わるのでは無く、
高性能なエンジンが動いている!という正しい主張をしているので
例え渋滞に捕まっていても、
ちょっとずつの移動でさえ特別な印象を与えてくれる。

ゆっくり走っても、速く走っても、それぞれに楽しさや興奮を味わわせてくれる。

今までいろんな車に乗ってきて、中には競技用に供する事も出来る車も経験したが、この車はまさに次元の違う、運転すること自体に喜びを感じさせてくれる特別なオーラをまとっていると感じた。

結論・価格相応、良いものは良い。

車に限らず、現実離れした高級品というものは世の中に多数存在する。

世間を少し見回してみるだけで、
数百万から数千万円する製品としては
高級腕時計
高級ブランドバッグ
高級マンションなどなど
庶民感覚からかけ離れたレベルのものが
数え切れない程存在するが

きっとこういうもの達も、
価格相応、分かる人には分かる様に出来ているのだろうな、
と思わせてくれる。

時計など、日本メーカーの電波時計なら数千円で買えて、正確で壊れることも無いし、バッグも数千円で購入できて、特に不便は感じない。
マンションなども、そんな広い部屋に住む意味があるのか?と思うものも見かけるが、これらは全て無駄に高い訳ではなく、選び抜かれた素材を使い、職人が丹精を込めて作り上げる本物だからこそ高級になる、という事を、
4000万円を超えるスーパーな車に乗って実感する事が出来た。

軽自動車に10台、プリウスに14台乗った所で、とうてい得られない、
普通に走っているだけでも
遊園地のジェットコースターなんかより遙かに楽しめる、
こういう特別な感覚を味わうために、
4000万円以上という金額を支払う価値があるのだろう。

もっとも、大前提として先立つものが無いので、
実際に購入することは出来ないという現実は残る。

せいぜい頑張って
レンタルで体験させて貰うしか無いというのが、
庶民の精一杯の悪あがきだろうか・・・

ハイクラスの車で上質な空間を提供するレンタカーショップ 「グローバルオートレンタカー」 です。フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、ポルシェ、マセラティ、メルセデス・ベンツ、BMW、等の人気のある輸入車を中心にご用意し、全車にETC、ナビ、バックモニター、レーダーを完備しております。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする