スーパーカーは必要ない

スーパーカー
というジャンルの車が有るのを知らない人は居るだろうか?

世の中は車離れという奴が進んでいるらしいから、知らない人のために解説してみると・・・

スーパーカーとは、こんな車。

最高時速が300キロ以上出る
排気量の大きなエンジン
車幅2メーターくらい
車高1メーターくらいの、
価格は概ね数千万円から数億円が当たり前な
とんでもなく平べったい特殊な車の事を指す。

代表例はこんな車。

上のランボルギーニ・アヴェンタドールは、
全長5.0メーター全幅2メーター車高1メーターで
6.5リッターのV型12気筒エンジンを搭載し
最高時速は330キロ以上、
静止状態から時速100キロまで、
わずか3秒で到達する、という
とんでもない性能と巨体を持った自動車。
そして車両本体は4000万円を優に超える。

つまり、
軽自動車10台分の力を持つエンジンを積み、
高速道路の制限速度をたった数秒で超え
さらに制限速度の三倍で走ることが出来、
コインパーキングや立体駐車場にも入れない、
という、プリウスと重量は100キロほどしか変わらないのに
その14台分以上の価格で販売される特殊な車だ。

その代わり、他では得られない独特のデザインと
高級感溢れる内装、独特のサウンド、乗り心地など
魅力は数え切れない程有る訳で、
だからこそ、多くの車好きのハートを捕らえて放さない。

しかし、車に興味の無い人にとってみれば

日本の道でそんなの必要ないよ。
制限速度は最大で60キロなんだから。

そもそも、そんな大きな車どこに置くの?
買い物に行ったときに停める場所も無いじゃん。

家やマンションが買えるわ!

という、至極まっとうなツッコミどころ満載な車が
スーパーカーという奴かも知れない。

お金が腐るほど有る大富豪が主な顧客だというのも納得できる、
庶民感覚とは全くかけ離れた存在、これがスーパーカーという奴だろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする