死ぬまでに一度は乗りたい「スーパーカー」

死ぬまでに一度はスーパーカーに乗ってみたい!

せめて助手席でも良いから・・・

自分も含めて、スーパーカー世代なら、
そう思ったことは一度や二度では無いだろう。

車雑誌でも、定期的にその手の特集は組まれている。

しかし現実問題として、
数千万円もする自動車を購入するなど一般的な感覚では有り得ない。

普通にマンションや一軒家が購入できる金額なのだから。

現実的に堅実な大人になった今、改めてその事実に気づき、
やはり夢は夢だったな・・・
と諦めていないだろうか?

スーパーカーがレンタル出来る?

しかし、時代は変わるもので、
今やスーパーカーをレンタルして乗り回すことが出来る様になった。

スーパーカー世代の憧れ、カウンタック365GT4/BBなどは
流石に古すぎてコレクターズアイテムとなり、現実問題として無理が有るが、

逆に今の最新スーパーカーである

ランボルギーニ・アヴェンタドールフェラーリ・カリフォルニア

488GTBポルシェ911マクラーレンなどであれば、

意外とレンタルで乗ることが出来るのだ。

費用は1日で20万~40万円程度?

ただし、通常のレンタカーとは違い、

元々の車体費用も維持費も高いので、
レンタル料金もハンパなく高いものになるのは当然のこと。

たとえばランボルギーニ・アヴェンタドールであれば

24時間で通常価格41万円というプライスになっている。

※アヴェンタドールを一般人向けにレンタルで貸し出しているのは大阪のグローバルオートレンタカーしか存在しない筈。

輸入車や高級車レンタカーならグローバルオートレンタカー。ランボルギーニ、マクラーレン、フェラーリ、ポルシェ、ベントレー、マセラティ、ベンツ、BMW等の輸入車を中心にご用意。全車にETC、ナビ、バックモニター、レーダーを完備しております。

確かに高額、ではあるが、車好きなら高くはないのでは?

上記の通り、当日返却でも33万円

24時間なら41万円というビッグプライスだ。

しかし、

自分で車を所有している人なら考えてみて欲しい。

車に掛けるお金で、20万~40万円というのは、
果たして高額、だろうか?

特に、よく売れている人気車に乗っていれば良く有ることだが、
あまりにも周りに同じ車を見かけるので
自分なりにカスタマイズしたいと思う事は無いだろうか?

実際に行動に起こす人もいるだろうが、

その場合、例えばエアロパーツを一式組み込んでみたら、

これくらいの金額にならないだろうか?

ヴェルファイア・フルエアロ

ざっと29万円という所か。(2017年9月時点)

こういった、外観をカスタマイズするパーツの他に、
エンジンやサスペンション、マフラーなどの
走行性をアップさせるパーツも有り、

そちらも少し気合いを入れると結構な金額になってしまう。

マフラー車高調整式サスペンション


それぞれ、約20万円、という所だ。(2017年9月時点)

こういった形で車好きを表現することも出来る一方、

エアロやチューンナップなどは、
その本来の威力を発揮する場面というのは
そうそう有るわけでは無いため、

あくまで見た目重視自己満足という事になりがちだが
こういう点も、時速300キロ超のスーパーカーと共通していると思う。

勿論、エンジン系のチューンナップは扱いやすさに、
サスペンションなどは乗り心地や運転性能の向上に
それぞれ寄与するものの、

やはり見た目の自己満足も重要だろうと思う。

ましてや車を使うのは通勤やたまの遠出であり、

多くの日々において、
1日のうちの大半を駐車場に置いておくという様な場合、
そのコストパフォーマンスは果たしてどうなのだろうか?

であれば・・・

同じ自己満足なら、スーパーカーを体験してみたい。

というのも1つの考え方ではないだろうか?

諦めるな!でも、乗れるなら乗っておこう!

自分自身、自他共に認める大の車好きなので、
愛車へのカスタマイズも勿論興味が有るが、
どうせ数十万円のお金を掛けるので有れば、

この際、夢のスーパーカーに乗ってみたい!

人生も折り返し地点に近づき、
この先、何がいつどうなるかわからない、
というのも事実だし、

体の自由が効くうちに一生ものの体験をしておく、
というのも良いのでは無いだろうか?

夢を諦めるな。まだまだやれる!!
ここから人生大逆転で大金持ちになるかも!!

・・・という、夢物語を考えなくも無いが、

現実問題として、
4000万円を超えるスーパーカーを購入・維持しようと思うと、

数億円の安定した所得が有るか、
それを上回る資産が無い事には到底無理。

超ロングローンやスーパーカー専門のリースを使用したとしても、
月額の費用が平均で数十万円、という事になる上に、
結局「置いておく」時間の方が長いので有れば、

使いたいときだけ使うという選択肢として、
レンタカーも有りだな、という風にも思う。

調べてみると有るもので

という事で、いざスーパーカーのレンタル、
という事で調べてみると、

意外に沢山の会社で事業を展開されている。

撮影やプロモーション、
特別な日の御祝などで使う事も多い様だ。

ただ、事前審査があったり、
会員制でデポジット(保証金)を積む所がある中、

大阪のグローバルオートレンタカーだけが
一般向けに普通に貸し出している。

しかもラインナップが独特で、

ランボルギーニだけでも、
アヴェンタドールウラカンと、同スパイダーの3台を擁し、

マクラーレン570SフェラーリカリフォルニアT

BMWメルセデスベンツマイバッハポルシェレクサスなどの
いわゆる高級車まで含めて魅力的な車がずらりと並んでいる。

特殊なのは、マセラティベントレーまで有ることだろう。

そしてたまたま、40%OFFのキャンペーンをやっていたので、
これを利用し、(それでも総額26万円程になったが)
夢のスーパーカーを乗り回すという貴重な体験をする事が出来た。

その時の動画がこれ。

他社と比べても
距離制限が200キロも有る
というのがありがたいポイント。

それでも、乗っていると「足りない」と思ってしまうが・・・

いろんな所を走り回って

思い入り堪能することが出来た。

そしてもちろん、

「もう一度乗りたい!!」

という気持ちが収まらないのだが・・・(泣)

また、借りることになるのだろうか?

輸入車や高級車レンタカーならグローバルオートレンタカー。ランボルギーニ、マクラーレン、フェラーリ、ポルシェ、ベントレー、マセラティ、ベンツ、BMW等の輸入車を中心にご用意。全車にETC、ナビ、バックモニター、レーダーを完備しております。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする