ペダル踏み間違いによる暴走事故を無くす方法

前回の記事でも述べたが、相変わらずこの手の事件が後を絶たない。

ペダル踏み間違い暴走事故は、
多くの場合、停止状態からアクセルをブレーキを踏み間違えてしまう、
という事が原因だとは既に述べた通りだ。

危機を察知して止まろうと思って思い切り踏んだのがアクセルだった・・・

自分が踏んでいるのがアクセルだと認識していないから
止まらなければ!と思えば思うほどアクセルを踏み込んでしまう・・・

という悪循環が発生して
とんでもない暴走事故になる、とうメカニズムだが

決して、高齢だから起こしやすいという事故では無く
誰でもいつか起こしてしまう可能性を持つ、生理現象が原因なのだ。

危ないと感じて咄嗟に判断した結果が、暴走事故になっている訳であり、
ブレーキだと思い込んでアクセルを踏み込んでしまうのは、誰にでも起こり得る事だ。

しかし、
この様に原因が明確なのであれば
根本的に簡単に対策が打てるものでは無いのだろうか?

筆者が考えつくだけでもいくつかの解決方法がある。

・アクセル全開を拒否する
・ペダルそのものを変える
・MT車を標準とする(限定解除をATに)
・ブレーキは左足で踏む

今回は、以下の点について意見を述べたいと思う。

アクセル全開を拒否する

そもそも、
停止状態からアクセル全開になる、
という事態さえ食い止めることが出来れば解決する問題では無いのだろうか?

ちょっと考えてみてほしい。

いわゆる一般人が、一般道や駐車場において
静止状態からアクセルを床まで踏み込むという事が
本当に必要なことだろうか?

いわゆる走り屋だった筆者でさえ、
現役当時、ゼロ発進でアクセルを床まで踏み込むなんて事は
そうそう有る事では無かった。

例えば、
停止中に横から車に突っ込まれそう!とか
緊急危機回避のために必要、という意見も有るかもしれないが、
そもそもそのような状況で咄嗟に回避できる人間がどれほど居るだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする