感動!『阿蘇レストランバスツアー』by Willerに乗ってきた。

阿蘇レストランバス

バスの運行スケジュール

今回、利用したコースはこちら。

阿蘇レストランバス 阿蘇南・田園満喫ランチコース(食事、1ドリンク付)

ランチコースの流れは以下の通り。

12:00 四季の森を出発

見学:村上養魚場六地蔵店

移動しながら食事スタート

見学:藤原農園

移動しながら食事



散策:明神水源



移動しながら食事

見学:山村酒造、豊前屋本店

移動しながら食事

15:00 四季の森到着・解散

移動しながらのコースメニューはこちら。
阿蘇レストランバスメニュー

これらの料理の産地や生産者さんの所を巡りながら食べる食事は
本当に格別なものが有ったので、
機会があれば是非体験してもらいたいと思う。

ちなみに、このあと車の運転をするので、ドリンクは泣く泣くこちらに。
ノンアルコールキリン

コース料理の内容

料理1:阿蘇湧水ヤマメの塩焼きフリット ~季節のソース~

まず最初に訪問する村上養魚場六地蔵店さんでは
主にヤマメを生産・販売されている。
村上養魚場六地蔵店

こちらはヤマメ村上養魚場六地蔵店

こちらはイワナ村上養魚場六地蔵店

こんこんと湧き出る地下水でヤマメ達を養殖しておられるのだが、
その美味しい地下水も飲ませて頂ける。(水筒に入れて持ち帰ることも可能・笑)
飲める湧き水

実は、この湧き水、
震災の後、水道が復旧するまでの間、地域の人達の貴重な飲料水となったそうだ。

元々、湧き水の多い地域だそうだが、近くにある有名な
「塩井社水源」が震災で枯れてしまったらしいので、
塩井社水源
ここの湧き水は大変貴重だったことだろう。

非常にデリケートな生き物であるヤマメを育てるのは相当な困難を伴うそうだが、
それを楽しそうにお話しされる村上さんに心を打たれつつ車内に戻ると、
出てくる最初の料理がこちら。

レストランバスのヤマメレストランバスのヤマメ

ヤマメを塩焼きにして素揚げにしてあるので、
頭から尻尾まで丸ごとばりばりと美味しく食べられる。

最初はお箸でチマチマとツマんで食べていたが、
結局は頭から丸かじりする事になった(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする