今年のWRCは本当に面白い【2017WRC】

2017年4月9日(日)、

ラリーフランス(ツールドコルス)が終わった時点で、各マニュファクチャーがそれぞれ一勝ずつという展開。

4メーカーがしのぎを削る、絵に描いたような面白い形になって、本当に見応えのあるシーズンになってきた。

見逃している人は、レッドブルの動画サイトや各メーカーの公式サイトなどでしっかりチェックして欲しい。

第4戦・フランス(ツールドコルス)の結果

第4戦の結果

順位 ドライバー マシン タイム/トップとの差
1 ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC 3:22:53.4
2 セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +54.7
3 ダニ・ソルド ヒュンダイi20クーペWRC +56.0
4 ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +1:09.6
5 クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +1:09.7
6 ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC +2:16.3
7 アンドレアス・ミケルセン シュコダ・ファビアR5 +8:10.7
8 テーム・スニネン フォード・フィエスタR5 +9:17.0
9 ステファン・サラザン シュコダ・ファビアR5 +9:23.6
10 ヨハン・ロッセル シトロエンDS3 R5 +12:57.1

特筆すべきは、ヒュンダイの3台が全て上位6位に入っている事だろう。

スピードだけではなく、安定感も併せ持っている事が結果に出た格好だ。

マニュファクチャー選手権にとっても、面白い展開になってきた。

また、悲運の「元・ワークスドライバー」アンドレアス・ミケルセンが、格下カテゴリーのWRC2でブッチギリ優勝している事も見逃したくは無い。

トップカテゴリーで走っていたら・・・と、ついつい想像してしまう。

4戦終わって1勝ずつ

今回のラリーフランスまでの優勝チームとドライバーは以下の通り。

ラリー チーム名 優勝ドライバー
第1戦 モンテカルロ Mスポーツ・フォード セバスチャン・オジエ
第2戦 スウェーデン トヨタ ヤリ‐マティ・ラトバラ
第3戦 メキシコ シトロエン クリス・ミーク
第4戦 フランス ヒュンダイ ティエリー・ヌービル

改めて結果として見ると、本当に綺麗にバラける形となった。

VW(フォルクスワーゲン)一強だった昨年までと違い、実力有るドライバーが散ったことと、

今年から車両規則が大きく変更になって、全メーカーが新車で臨むという事も相まっているのかもしれない。

シトロエンは昨年、ワークスエントリーを見送ってまでコッテリ開発に充てており、

トヨタはラトバラを、Mスポーツはオジェを、それぞれ棚ボタ状態で手に入れており、

ヒュンダイは、昨年までの車両が今年の車両への布石だったという開発スケジュールと、昨年までのドライバーがそのまま乗り慣れた車で挑んでいるという事が、それぞれ上手い具合に花を開きはじめた、という事だろうか。

「これこそがラリー」

勝負は時の運。

ラリーは人生そのもの。

最後の最後まで何が有るか分からない。

・・・というのが、長年ラリーを見ていると実感することだが、今年も、まだ4戦しか終わっていないにもかかわらず、リザルトを見るだけでは到底分からないドラマが満載だった。

特に、ヒュンダイのヌービルについては、フランスでやっと優勝したという印象だが、実際、開幕からずっと調子が良かったのはヒュンダイだけであり、ヌービルの早さも際立っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする