オット・タナックがWRCイタリア・サルディニアで初優勝!フォードは2連勝!

WRC第7戦イタリア・サルディニアが6月11日(日)に終了し、
フォードのオット・タナックが初のWRC優勝を飾った。

これでMスポーツフォードが2連勝となり、
5位に入ったオジェと共にトップで前半戦を折り返した。

結果は以下の通り。

第7戦・イタリア・サルディニアの結果

第7戦の結果

順位 ドライバー マシン タイム/トップとの差
1 オット・タナック フォード・フィエスタWRC 3:25:15.1
2 ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +12.3
3 ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +1:07.7
4 エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +2:12.9
5 セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタ +3:38.5
6 ユホ・ハンニネン トヨタ・ヤリスWRCヒュンダイi20クーペWRC +2:16.3
7 マッヅ・オストベルグ フォード・フィエスタWRC +6:31.8
8 アンドレアス・ミケルセン WRCシトロエンC3 WRC +8:07.8
9 エリック・カミリ D-MACフォード・フィエスタWRC +11:15.8
10 ヤン・コペッキー シュコダ・ファビアR5 +11:21.4

※引用元http://www.rallyplus.net/

シーズン折り返しの注目イベントだった

今回のWRCイタリア・サルディニアは、

前回のポルトガルに新車を持ち込み、
本人も久々に喚起するほどの完璧な勝利を挙げた
セバスチャン・オジェが連覇するか?というのが

注目されるラリーだったと思う。

また、個人的には、

グラベルでのスピードが上がってきたトヨタに加わった
昨年度WRC2チャンピオンのエサペッカ・ラッピが結果を出すのか?

シトロエンから
クレイグ・ブリーンを押しのける格好でスポット参戦する
アンドレアス・ミケルセンがどんな走りをするのか?

という事が楽しみなラリーだった。

もともと早かったオット・タナック

オット・タナックと言えば、
一昨年2015年メキシコラリーでの
コースアウト・水没事件があまりにも有名だが

ラリーメキシコのSS3で衝撃的なコースオフを喫したオット・タナク。フォード・フィエスタRS WRCが20秒で水&

(本当にあのコースアウトには驚いたものだ)

昨年は(その事件が原因かどうか?は不明ながら)
セカンドチームとして、新興アジアメーカー
「D-MAC」のタイヤを履いてのエントリーだった。

ワークスチームのプレッシャーから解き放たれたからか、
タイヤとの相性が良かったのか、
時に本家ワークスチームをしのぐスピードを出す事も多く、

昨年はリタイアという事も多かったものの、
5位や6位、あるいはポーランド・GBでは2位に入っている。

母国エストニアと似た高速グラベルステージでは
抜群の速さを見せていたのだが、

その実力を認められてか
今年、オジェと共にファーストチームでのエントリーとなっている。

今年もモンテカルロ3位
スウェーデン2位メキシコ4位

フランスはデイリタイアとなったものの、
アルゼンチーナでは3位ポルトガルでは4位
ずっと上位でフィニッシュしていた。

早さと安定感を身につけつつあったという事で、
今回の優勝は必然だったかもしれない。

まだ30歳と若いが、
これまでにいろんな事が有ったので、
喜びはひとしおのようだ。

本当に今後が楽しみなドライバーの1人だろう。

ミケルセンはきっちり仕事をこなした

上記の通り、急遽スポット参戦したアンドレアス・ミケルセンだが、
何とか8位でフィニッシュすることが出来た。

イキナリの実践復帰で初めて乗る最新ワークスカー
というハンディを考えると
上々の出来だったのではないだろうか??

一部事前情報では、
このままシトロエンワークスに定着するのでは無いか?
という噂もあった様だが、

今ラリーが終了後、
次戦のポーランドにはクリス・ミークを休ませて
ミケルセンに変える事が決まった様だ。

シトロエン・レーシングは、ラリーイタリア・サルディニアのフィニッシュ後、クリス・ミークがポーランドに参戦しない&

今のシトロエンには、
「勝つかリタイア」というムラの有るドライバーでは無く

安定して結果を残し、
早さも兼ね備えたドライバーが必要だという事だろう。

非常に残酷な話だが、
ビジネスである以上、仕方ないかもしれない。

ただ、セカンドでもサードでも良いので
今後も出てきて貰いたいものだ、
と個人的には残念でならない。

もう、情状酌量の余地が無いほど、
今までに失敗しすぎたという事かもしれないが・・・

トヨタが上位6台の内、3台を占める。

今回のリザルトで大変素晴らしい事だと思うのが、
トヨタ3台が完走した上に6位以内に全て入っている
という事だろう。

ラトバラは惜しくも2位で終わってしまっているものの、
参戦2戦目のラッピは最終パワーステージでのベストタイム
というオマケまで付けての4位フィニッシュ。

少なくともグラベルラリーでのパフォーマンスは
かなり安定してきた、という事だろう。

次戦ポーランドも楽しみだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする